自分の資質を再認識するためにストレングスファインダーの結果を引っ張りだしてみた。#016


ドンベー()です。プロフィールの詳細はこちら

ここ最近、友人と自身の「個性」「強み」「資質」って何やろうと話す機会が多い。そういえば、約2年前にストレングスファインダーを受講したのを思い出した。

そもそもストレングスファインダーって?

文字通り、strength(強み)をfind(発見)するもの。自分はどんな強みを持っているのかを教えてくれるもの。

ストレングスファインダーを受けるには?

ストレングスファインダーを受講するには、下記どちらかの本を購入すれば、自分の強み(34項目ある内の)上位5項目を知ることが出来る。

本の裏表紙にあるシリアルコードでストレングスファインダーのサイトにアクセスし、そのコードを入力。注意点としては同じコードは使えないので中古本ではなく、新品を購入するってことくらい。

上位5項目だけじゃなく、34項目知りたい場合はストレングスファインダーのサイトで$89支払えばいいだけ。

「資質」って何?

僕なりの定義をすると、その行為が、好き・自然体で出来る・他の部分よりも明らかに秀でているもの。それが「資質」(≒「強み」)。「他者より」秀でているという意味ではないし、好きだから得意というわけでないと思う。違ってたらごめんなさい。

「強み」「資質」は「パラメーターの伸び率の高さ」と言い換えるといいかも。ドラクエ風に喩えてみると、他のキャラよりも「攻撃力」や「防御力」が伸びやすい。ってことは「攻撃」や「防御」の資質があって勇者タイプが向いてる。

自分の「資質」を把握していないと?

自分の「資質」「強み」を把握しないまま、勇者として育ててみたら、実は魔法使いが適職だったり僧侶が適職だったりした日にはたまんない。時間と電気代を返してほしい。でも実際にはよくある気がする。

ま、僕はゲームしないからこの例えが正しいか分かってないけど、ま、いいか。

僕の「資質」はコチラ!

恥ずかしいけど僕の「資質」を赤裸々に公開してみる。「脂質」ではない。

スクリーンショット 2016-05-10

1.Woo 社交性:知らない人と出会い自分を好きになってもらうのが大好きです。見知らぬ人と打ち解けて親しくなることから満足感を得ます。

2.Communication コミュニケーション:一般的に自分の考えを言葉に表すのが得意です。話術に優れ、物事を印象的に説明するのが上手です。

3. Positivity ポジティブ:情熱的であり、しかも自然にその熱意を人に分け与えることができます。生き生きとしており他人に活気を吹き込み、やる気を起こさせることができます。

4. Developer 成長促進:他人の持つ可能性を認識し、それを伸ばし、目覚めさせます。他人の小さな進歩の兆候を見逃さず、このような進歩を実現することから充足感を得ます。

5. Includer 包含:他人を受け入れることができます。人の輪から外れている人に注意を払い、そのような人を輪に入れようと努力します。

6. Empathy 共感性:自分を他人の状況に置き換えて考えることにより他人の感情を察することができます。

7. Input 収集心:より多くの知識を求める知りたがり屋です。ものを集めたり、あらゆる種類の情報を蓄積したりするのが好きな人が、このタイプに多くみられます。

8. Adaptability 適応性:「流れに沿って進む」ことを好みます。「今」を大切にし、それぞれの時点で進む方向をひとつずつ選択することにより将来を見極めます。

9. Activator 活発性:アイデアを実行に移すことにより結果をもたらします。じっとしていることができないことが多いものです。

10. Restorative 回復志向:問題を解決するのが大好きです。どこに問題があるのかを探りあて、それを解決することに長けています。

11. Harmony  調和性: 意見の一致を求めます。意見の衝突を嫌い、異なる意見でも一致する点を探ります。

12. Maximizer 最上志向:強みを利用して平均的ではなく最高の水準を個人ないしは集団において追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

13. Belief 信念:その人の中核となる強い価値観があり、しかもその価値観は変わらないものです。その価値観を実現することが人生の目標となります。

14. Significance 自我:他人の目から見て非常に重要な人間になることを望んでいます。独立心に富み、人から認められたいと思っています。

15. Individualization 個別化:一人一人が持つユニークな個性に興味をひかれます。異なるタイプの人たちの集団をまとめ生産性の高いチームを作ることに長けています。

16. Arranger アレンジ:たくさんの要素を構成し管理することができると同時に一度作り上げた構成にこだわらず作り変えることをいとわない柔軟性をも備えています。すべての要素と資源をどのように組み合わせたら最高の生産性を実現できるのかを考えるのが好きです。

17. Intellection 内省:頭脳活動に多くの時間を費やします。内省的で自分の頭の中で考えるのが好きで知的な討論が好きです。

18. Connectedness 運命思考:あらゆる人や物事は互いに結びついていると考えています。この世に偶然というものはほとんど存在せず、ほぼあらゆる出来事には何らかの理由が存在すると確信しています。

19. Learner 学習欲:学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいます。特に結果よりも学習すること自体に意義を見出します。

20. Focus 目標志向:目標を定め、その目標にに向かってまい進し、目標達成に必要な修正を行うことができます。優先順位をつけてから、そのとおりに行動します。

21. Ideation 着想:新しいアイデアを考えるのが大好きです。全く異なる現象に見えるものの間に関連性を見出すことができます。

22. Context 原点思考:過去や原型について考えるのが好きです。過去を調べることにより現在を理解します。

23. Futuristic 未来志向:未来がどのようなものかについて考え、そこからアイデアを得ます。未来についてのビジョンを語ることで人々を高揚させます。

24. Strategic 戦略性:目的に向かうための選択肢を想定することができます。いかなる想定に直面しようとも適切なパターンと問題点を直ちに予測することができます。

25. Relator 親密性:他人との緊密な関係を楽しみます。目標達成のために友人と努力することから大きな満足感を得ます。

26. Command 指令性:強い存在感があります。状況の主導権を握り決断を下します。

27. Discipline: 規律性:日課や秩序正しい計画に従うことを好みます。世界は自分が作った秩序の中に存在します。

28. Responsibility 責任感:一度やると言ったことは必ず実行する精神の持ち主です。正直さや忠実さなどの普遍的価値観を達成することに意義を感じています。

29. Self-Assurance 自己確信:自分の能力と判断力に自信を持っています。まるで自分が正しい方向へ進んでいることを教えてくれる羅針盤が体内に備わっているかのようです。

30. Competition 競争性:自分の進歩を他人と比較します。一番になるため、またコンテストで勝つために相当な努力をします。

31. Deliberative 慎重さ:決定や選択を行う時に細心の注意を払います。あらゆる道のりには危険や困難が待ち受けていると考えています。

32. Consistency 公平性:あらゆる人を平等に扱う必要性を確信しています。明確なルールを定め、それに従うことで世界のすべての人を公平に扱おうとします。

33. Analytical 分析思考:物事の理由と原因を追求します。状況に影響を与える可能性のあるすべての要素を考慮に入れる能力を備えています。

34. Achiever 達成欲:並外れたスタミナがあり、旺盛に仕事に取り組みます。自分が多忙で生産的であることに、大きな満足感を得ます。

戦略的な資質で勝負したいと思っている時期があった。

最近まで、僕は戦略思考を持っている(≒得意な)人に憧れていて、そうなりたいと強く思ってました。だって、かっこいいし。昔、家の本棚には、マッキンゼーの●●、BCG流●●といった本があった。ちゃんちゃらおかしい。そもそも向いてないから読まない、というか読んでも理解できない。ようやく、自分の「資質」「強み」で勝負しようと考えが変わった。

資質・強みを知ってどうする?

僕は改めて、こう思う。

・苦手なことにfocusするより長所を伸ばす。

・最低限、苦手なことに対する対策はすべきやけど(僕が苦手な事が)得意な他人や仕組みに補完してもらい、お互いの長所を以って生産性を高める。

あなたの「資質」「強み」は何ですか?教えて下さい。

BON VOYAGE!

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【言葉の栄養】vol.016

何事かを成し遂げるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない。できないことによって何かを行うことなど、到底できない。(ピーター・ドラッカー)

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||