やっぱり、おばあちゃんは最強だ。#020


ドンベー()です。プロフィールの詳細はこちら

生命力が半端じゃない。

一部の読者から人気のうちの祖母。10日程前に、祖母の遺言という記事を書いた。ちなみに祖母が95歳でまだ生きている。

その祖母がゴールデンウィーク明けにとある手術をした。色々とあり手術後、ICUに入った。両親からも何があるか分からんから…と言われており居ても立ってもいられなくて週末を利用して京都へ帰省し病院へ。通された病室は面会謝絶室。

まさか。ほんまに最後に交わした言葉が遺言になったらどうしようと、おろおろしながら面会謝絶室へ。看護師さんに祖母の様態を聞くと「95歳とは思えません。40代位の回復力ですよ。」と。40代って。妙に中途半端。てか逆にリアル。

そういえば祖母の家計は長生きだった。曾祖母は1970年に85歳で鬼籍に(1970年当時の平均年齢は74.66歳)。祖母の長姉は105歳で鬼籍に、次姉は存命で103歳。今だに裁縫している。生命力が半端じゃない…

おばあちゃん最強伝説。

お見舞いに行った際のエピソードをいくつか御紹介。祖母は95歳で数日前に生死の境を彷徨っていた事を念頭に置いてお読みください。

・病室に入ってきた僕の顔を見るなり、祖母は奥さんは?と聞いてきた。なぜ奥さんのことを聞くの?と質問すると、あんたより奥さんの方がかわいいと言い放つ。

・祖母に手術お疲れ様と言うと、流石に今回はしんどかった。でも全然おじいちゃんがあの世から呼んでくれへん。こんなええお嫁さんいいひんねんから早よ呼んだらええのにと言い放つ。

・祖母の手をさすってたら、もうちょっと優しくさすり、痛いと怒られる。

・あんた、おじいちゃんと一緒で福耳やけど、耳が似るだけじゃなくて実力も似なあかん。

おかしい。途中から僕への説教に変わってきている。もう一度言うが、祖母は95歳で数日前に生死の境を彷徨っていた。やっぱり、おばあちゃんは最強だ。

BON VOYAGE!

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【言葉の栄養】vol.020

前進するなら、歴史を繰り返すのではなく新しい歴史をつくろう。私たちの祖先が残した遺産に、新たな良きものを加えよう。(マハトマ・ガンジー)

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||